トロフィーで思うこと

トロフィーを最近あまり私は見かけなくなった気がします。
もともと街中のお店で売っているものでもありませんから、見かけなくなったという言い方もおかしい感じもしますが、見かける機会は間違いなく減ったと思います。

昔ならば、なにかの賞をとったらトロフィーと楯と賞状がセットだった気がします。
あと会社のイベントのボーリング大会やゴルフコンペ、釣り大会などでも3位ぐらいまでの人に金ぴかのその種目をやっている人の像がついたトロフィーを表彰式であげていた記憶があります。
優勝者はでかいトロフィーをもらっていましたし、どこの家庭にいっても、1つや2つぐらいは飾ってあったイメージがあります。
子供のころはその人の家に飾ってあるトロフィーをみるのが私は好きでした。
金色に光っていてかっこいいと思っていたのもありますし、台座にはなにでトロフィーをもらった書いてありますので、それをみて上にある小さな像をみて喜んでいました。

一番かっこいいと思っていたのが、ゴルフのトロフィーでした。
ドライバーで打ち終わったフォロースルーの状態の像がかっこよくてゴルフなど当然したこともないのにこのトロフィー欲しいって思っていました。
他に釣りのトロフィーもかっこいいと感じていました。
どうやら細く長い棒状なものがあるとかっこよくみえていたのかもしれません。
現在のトロフィーは昔のものと違うものも非常に増えてきました。
クリスタルだったり大理石だったりブロンズだったりしてトロフィーなのですが、どちらかといえばアートに近い感じだと思います。たしかにこれらのトロフィーをもらって家にかざれば立派なアートになっていると思います。
形も昔とちがいそれぞれ個性的な形をしているものが多いと思います。

現在のトロフィーは今の私がみてもかっこいいなって感じるのですが、私がトロフィーをもしもらえることがあるとしたら、やはり昔ながらの定番のトロフィーが欲しいかなと感じます。
テレビなどでたまに送られている自分の身長ぐらいあるトロフィーなどはもらっても置き場にも困りますが、手の平ぐらいの大きさの昔ながらのトロフィーをもらって家に飾れたらかっこいいのになどと思ってしまいます。
かっこいいからといってトロフィーは自分で購入するものではありませんので、なかなか手にはいりませんが、今度会社でやるボーリング大会の優勝者にでも小さいトロフィーをつけてみようかなと思っています。
そのトロフィーを目当てに必死にボーリングがんばります。

スポーツは教え方次第では、良くも悪くも転びます。トロフィー屋さんから学ぶスポーツ雑学はこちらのサイトからどうぞ。子どもの成長に合わせて、学校やスクールの表彰だけでなく家族のお祝い事にも使えそうですね。キッズ向けトロフィーはこちらのサイトから。10,000円以上、商品をご購入をされた場合は送料無料!安心のクーリングオフ付き!トロフィー通販ならこのサイト。お祝いごとにもつかえるトロフィー